げきだんいちらん


劇団イナダ組1988年に札幌でイナダがたった一人でプロデュース公演のかたちで演劇活動をはじめる。 1992年に定期的に公演を行うため何人かの役者とスタッフと『劇団イナダ組』として旗揚げする。  初期・中期は、作品のテーマには恋愛・結婚や自立の話などを多く取り入れ、OLなどの多い女性層からの支持を多く受ける。 さらに「TEAM NACS」の森崎博之、大泉洋、戸次重幸、音尾琢磨が在籍していたこともあり2,000年の公演では動員数が約1万人に達した。 彼等の脱退後は、活動の範囲を北海道内各地に広げ道内の地方公演を勢力的に行う。 2006年に九州福岡で公演。2008年には東京新宿シアターアップルで行われた東京劇団フェスに参加。グランフリを受賞。2009年には3月北九州演劇フェスティバルに参加。 10月に札幌、大阪、仙台、名古屋、東京と全国ツアーを行う。2011年には劇団20周年を記念して東京紀伊国屋サザンシアターで公演を行い札幌の劇団としては異例の2000人を動員をする。 その後も札幌及び道内での公演を勢力的に行っている。 2013年度には劇団が21年目を迎える。それに伴い現行のスタイルから、ほぼ固定役者 を持たず作・演出のイナダとスタッフだけの集団に劇団の体制を変えることに致します。
劇団ラフスパイスお笑いコンビ ラフスパイスが演劇ユニットとして2010年1月結成、活動開 始。 1st actはオムニバスとなる「 オムスパイス」を上演。2nd act「鳴海探偵事務所」3rd act「ドクアミ」といずれも幅広い客層から支持を受ける。 [おもしろい]をテーマに芝居を行い、劇団公演以外にも個々の活動としてお笑いライブやTV/CFナレーション、メディア活動も幅広く行っている。
劇団coyote劇団として、演劇を総合アートとして、音楽、映画、ダンスなど、盛り込みまくった、集団をつくりたくて、発生。月に吠え、憂鬱な夜にさよならするのさ。
劇団32口径
イレブン☆ナイン
みらい・や
札幌座
ヴァプラスプロジェクト札幌ビジュアルアーツ パフォーマンス学科出身の在札俳優が集結!!
J.P.Gしばい.jpサイト ダミーデータ